明太子とは?

当サイトでは、必ずご満足頂けるこだわりの辛子明太子を取り扱っています。

是非“本物の美味しさ”をお召し上がりください。

明太子についてご存知ない方もいらっしゃると思うのでこのページでご紹介します。

明太子ってなに?

Q:明太子は何の魚の卵巣?

A:スケトウダラ

スケトウダラ

スケトウダラは、タラ目タラ科に属する魚類。スケソウダラともいわれています。

辛子明太子は、スケトウダラの魚卵という規約があります。

辛子明太子は、一般に、塩蔵して唐辛子を加えて熟成させたものです。

今日では、辛子明太子を明太子と略すことが多いです。

明太子とたらこの違いって?

明太子とは別に、たらこというワードを聞いたことがある人もいると思います。

Q:明太子とたらこの違いは何でしょう?

A:呼び方の出身地の違い

呼び方の出身地の違いを分けると、韓国福岡(博多)に分けられます。

明太子

たらこ

もちろん、原料のスケトウダラに違いはありません。

福岡の方言(博多弁)で、明太子のことをたらこと呼びます。

一方、スケトウダラのことを韓国では、ミョンテ(明太)と呼びます。

明太子とは、明太の子=タラの子。

すなわち、たらこのことを指しているのです。

福岡名物なのはなぜ?

最後になぜ、福岡の名物なのかをご紹介します。

辛子明太子は、もともと朝鮮半島の伝統食品でした。

これを昭和24年に博多「ふくや」の創業者である河原俊夫氏が、日本人の味覚に合うように独自の加工方法を開発して生産しました。

これが日本の辛子明太子の始まりといわれています。

そして、辛いたらこといえば福岡(博多)の辛子明太子というイメージが浸透していきました。

これが、明太子が福岡の名物になった所以です。